lowply.github.io/blog

煙と金と沈む島

「煙と金と沈む島」の再放送を見ました。同じ日に、世界の3つの場所で何が起こっているのかを伝えるNHKスペシャル同時三点のシリーズドキュメンタリー番組の第四回。

中国重慶の工場経営者は、生産を増やして少しでも家族を楽にさせたい。日米の企業は重慶から大量に出る煙を、京都議定書に基づいて排出権として買い集め、マネーゲームを展開する。この煙は地球の温度と海水面を少しずつ上げていて、南国ツバルの大潮の日、海水が道路から湧き出してくる異常な状態が続いている。子供たちは国外に移住したほうがいいが、俺はここに残る、とツバルの長老。この問題がどんなに深刻か良く伝わる、とても深いドキュメンタリー。